×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008年5月11日 日曜日   井原山  曇り時々晴れ  103

みのるさん、Sさん、ダージリンさん、コヨーテの4名で登る。




先月27日に上がった時にはまだコバノミツバツツジは殆ど蕾の状態で、この分だと見頃は昨年同様GW明けになると思っていたのだが、
GW期間中の予想外の天気の良さ、暑さにより一気に爆発(開花)したようで、GW後半には既に見頃を迎えていたようだ。
まだ見頃は先だと思っていた私はGWに別の山に登っていた為、まだ今年の井原山のミツバツツジを見ていない。
少し焦りも感じながらこの週末、水無より上がってみた。

コースとタイム
  09:04 水無駐車場〜10:00 通称”日本庭園”〜10:30 縦走路〜11:00 山頂(昼食) 13:00〜林間歩道〜14:50 駐車場  

前日は雨も降っていたし、風もずっと吹いている。
ひょっとしたら、この雨風でせっかく綺麗に咲いていたミツバツツジも散ったかもしれない。
そんな不安も持ちながら水無の駐車場を4名で出発した。

水無の登山道沿いは今現在、コンロンソウの花が水無の舞台を飾っていた。
そのまた予備軍としてラショウモンカズラもあちこちと出始めていた。
中にはイチリンソウ、ニリンソウもまだ残っていたが、あいにく本日は曇り状態の為に元気な無くショボショボである。

ツクバネソウ ヒメレンゲも咲いてました

キツネノカミソリの群生地ではオオキツネノカミソリの葉がそろそろ枯れ始めてきており
登山道沿いも色は緑色から黄色へと代わってきている。

通称”日本庭園”から縦走路まで急登が続く。
前日までの雨でこの急登も滑りやすくなっていた。下山はこのルートを下らず林間歩道を経由して降りた。

水無の急登を上がる

縦走路手前から綺麗に咲いているコバノミツバツツジが見えてきた。
確かに雨風で散っているのもあったが、それ以上にまだまだビッシリと咲いているものが多い。
「上」はトンネル。「下」は絨毯。両方楽しめました。

でも感動はこれだけではない。
縦走路に入るとトンネルの連続。
色も鮮やかで、花付きも良く見事である。

まさにミツバツツジのトンネルだ








縦走路を振り返って見ると山は至る所でピンクに染まっていた。
これほど色鮮やかで、しかもたくさん咲いているのを見たのは初めてである。
今年はどうも当たり年かもしれない。素晴らしい。
天気が良ければもっと綺麗だっただろうに‥






山頂ではまだ11時なのに人がたくさん上がって来ていた。
正面の登山口付近ではいつもくらいの車しか止まってなかったのだが‥それ以上の人出。
雷山からの縦走、古場岳、三瀬峠から‥他のルートからも多くミツバツツジ目当てに上がってきているようだ。
さすが一年で2番目に登山者が多いだけのことはある。


ランチは肉を焼いて食べる。デザートはなんと!ダージリンさんが持ってきてたメロン〜♪
花のことなどすっかり忘れて美味しく頂きました。

山で食べる肉は旨い デザートのメロンも最高!


下山は林間歩道を通って水無に戻った。

色鮮やかです





今日は曇ったり、晴れたりのスッキリしない天気。
でも、丁度山頂から下る時に晴れ間が出てきて、その時見えたのがコレ!
雷山方面の縦走路では山が見事にピンクに染まっていた。
(下の写真:分かるかな〜?)
今年の井原山のミツバツツジは最高でした。


ミツバツツジのピンクに染まる山肌



トップページ