×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

井原山   バノミツバツツジを見る    48 06.05.06 


GW3日から5日まで背振の吉野山キャンプ場にいて、その間「猟師岩山」から「唐人の舞」付近までの縦走路を登ってきた。背振のコバノミツバツツジは例年に比べて少なく、ちょっと残念な気分でもあった。
そして井原山。6日の午前中まで何とか天気が持ちそうだったのでミツバツツジを見に出掛けてみた。

コースとタイム
08:34 水無鍾乳洞・駐車場〜09:49 山頂〜井原山自然歩道〜水無分岐〜11:00 駐車場

朝から天気は曇っていた。駐車場には既に数台車が止まっている。さっそく準備して出発!
水無の登山道ではニリンソウやイチリンソウはもう終わり、代わりにコンロンソウがびっしりと咲いていた。
キツネノカミソリの葉も段々と黄色に変わり、枯れはじめてきている。

沢を分れ、急斜面を登っていくとピンク色したコバノミツバツツジが見え初めてきた。
急登の中間付近から縦走路までの道沿いには多くのミツバツツジが見られる。
丁度満開のようで実に綺麗である。
天気が良ければもっと綺麗に見えるのだが、本日曇ってて日差しがなくピンクが映えないのがちょっと残念。

縦走路でもミツバツツジは満開。例年に比べると少ないらしいが、それでも先日行った背振・椎原峠〜矢筈峠縦走路よりも花は多く咲いていて綺麗だった。

山頂付近は風が強く、吹き飛ばされそうであった。
とても山頂で昼食をとれる状態でなく、また天気もいつ崩れるか心配だったのですぐ下山した。

急登途中で見られたコバノミツバツツジ


縦走路でも満開

山頂西側の縦走路からピンク色の山肌を見る。



山頂より雷山方面を望む。
ピンク色したミツバツツジが山肌に点在している。

強風とこの後の雨で散ってしまうかも‥







トップページへ          山登り総目次へ