×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 2005年10月01日 井原山 35

久しぶりに井原山に帰ってきた。最近遠征が多かったせいで背振山系の山がご無沙汰だった。
今日は天気も良いので近くの井原山へトレーニングも兼ねて登る。

 コースとタイム 09:20 きとく橋〜10:00 アンの滝〜11:33 井原山山頂 12:00〜12:27 林間歩道分岐〜
            13:06 水無分岐 13:35〜13:57 水無鍾乳洞駐車場〜14:45 きとく橋  


ポリ容器に8リットルの水を入れ、ストーブや食糧、雨具などを積むとザックの重さは16〜17sになっていた。
ズッシリと重い。いつもよりも休憩箇所を多くとりマイペースで登った。
林道沿いにはミゾソバやツリフネソウの花が競い合うようにギッシリ咲いていた。
また上の方にはキツリフネ、レイジンソウも咲いていた。
驚いたのはニンジン。残念ながら咲いたあとだったが、ここ(井原山)でも見れるとは‥。
もう一週間ほど前だったら花も見れたかもしれない。
台風の影響は無いように思えたが、一部で登山道が陥没してハシゴを付けた迂回路も出来ていた。
(陥没?ハシゴ?と言えばもの凄いようにも思えるが、大きいものでは無い。)
約2時間ちょっと掛けて山頂に到着。
すぐ食事と思ったが風が少しあり、ストーブでお湯を沸かすには辛いので水無まで降りて昼食をとることにした。

ミゾソバ オタカラコウが多く咲くアンの滝


一旦自然歩道を少し下り、分岐から水無方面へと向かう道へ入る。お目当てはトリさん。
井原山でも咲いていたという情報を以前聞いたことがあるので調査。
昨年は相次ぐ台風により動物さん達が食べる木の実が不足していたが、登山道にはアラカシなどのドングリが沢山落ちていた。中には熟して潰れたヤマボウシの実もある。
イノシシさんや他の動物たち、今年は一先ず安心かな。
水無との分岐にあるベンチにて昼食をとる。
ストーブでお湯を沸かし、持ってきたカップヌードルを食べようかと‥しょ、しょ、賞味期限が切れている。
05.05.10‥今日は何日だっけ。4ヶ月はまずいだろうなぁ‥。
残念ながら諦めて別に持ってきたレトルトのご飯を食う。おかずはオヤツ用に買っていたカリカリの梅干。
そのあとは水8リットルを放水。身軽になり林道を通ってきとく橋まで戻った。

ススキを前に山頂より福岡市内を望む。
レイジンソウが群生している中、
一回り大きく咲いていた花。色は薄いが形は良い。
キツリフネ


トップページへ